タイピング、スクリーニング、同定

赤血球の入力

REFEREN-CELLS-03

ABOウラ検査用試薬 -Referencells®

Immucorは、世界市場で従来の試薬赤血球の最も幅広い製品ラインを提供できることを誇りに思っています。
Typing_10

抗血清

従来のABO式血液型試薬を超えて赤血球抗原を確実にタイプします。
スライドインラボ-02

分子RBCタイピング

革新的なツールをラボに持ち込み、患者とドナーの間で可能な限り最も近い一致を提供します。

赤血球抗体の同定

スクリーンショット2021-09-23at 1.58.36 PM

2〜4%のパネルセル-Panocell®

単一の抗体または複数の抗体を区別する能力を識別するための費用効果の高い手段。
CaptureID_2

自動キャプチャ-R®ReadyID®

ImpmucorのIgG固有のテクノロジーであるCapture- R®ReadyID®は、IgM抗体のノイズなしに、臨床的に重要な抗体に高感度を提供します。

赤血球抗体スクリーニング

Panoscreen_Family

2〜4%のスクリーニング細胞-Panoscreen®

Immucorは、業界独自のPanoscreen®I &II、プライマリーロットなど、予期しない赤血球抗体を検出するための柔軟なソリューションを提供します。
CaptureScreening_6

自動キャプチャ-R®ReadyScreen®

ImpmucorのIgG固有のテクノロジーであるCapture- R®ReadyScreen®は、IgM抗体のノイズなしに、臨床的に重要な抗体に高感度を提供します。

従来のクームIAT

IGG-Group

抗ヒトグロブリン

Immucorは、AHG試薬を幅広く提供しています。
ラボ-0048

反応増強剤

Immucorは、抗体検出テストを強化するための幅広い添加剤を提供します。

拡大

自動滴定

拡大

感染症のスクリーニング。

感染症のスクリーニング。

  • お客様の声。
  • 輸血
  • お客様
NEO®の効率と信頼性 NEOのすべてのタイプと画面のサンプルを自動化することが可能になりました。 NEOIris®のハードウェアとソフトウェアの機能が更新され、NEOがさらに改善されたため、アップグレードは簡単な決断でした。

Raeann Thomas, Blood Bank Technical Supervisor, Hospital of the University of Pennsylvania, USA

  • お客様の声。
  • 輸血
  • お客様
EchoLumena®の新しいカメラは、私たちにそのようなクリーンでクリアな結果をもたらしています! 明確な反応により、抗体同定用の機器を使用する際に、スタッフはより快適に感じるでしょう。

Kevin Elman, Transfusion Services Coordinator, North Colorado Medical Center, USA

  • お客様の声。
  • 輸血
  • お客様
Immucor製品は、輸血医学に関連するすべての高度なテストをカバーする私が知っている唯一の製品です。 Immucor機器は安定しており、操作が簡単です。

Don-Dolcetto Ngilisho, Laboratory Services Officer, Tanzania National Blood Transfusion Service

  • お客様の声。
  • 輸血
  • お客様
自動化されたエコールメナを持つことは、多くの点で私たちの血液銀行に影響を与えました。 テストの実行中に他のタスクを実行するための時間を解放しました。 Echo Lumenaを血液銀行ソフトウェアに接続することで、事務的なエラーの可能性を排除することができました。

Lisa Knapp, MT(ASCP), Blood Bank Coordinator, Bozeman Health Deaconess Hospital

  • お客様の声。
  • 輸血
  • お客様
Immucorチームは親切で知識が豊富です。 彼らは常に顧客のニーズを満たし、病院が必要とするものに耳を傾けるのを喜んでお手伝いします。

Kerry Dowling, Blood Transfusion Laboratory Manager, Southampton General Hospital University Hospital Southampton NHS Foundation Trust, United Kingdom

  • お客様の声。
  • 輸血
  • お客様
私たちの施設は臓器移植プログラムに則り、ABO抗体価の測定を行います。これらの測定は時間と、適切な技術を要する試験管法により実行されています。このABO抗体価の測定に一貫性を維持する事は困難でしたが、抗体価の測定を自動化する事で より正確で再現性のある結果を得る事ができます。

Alexis Crisp, MLS (ASCP) CMSBB, Blood Bank Supervisor, Avera McKennan Hospital and University Health Center

多様な検査室への対応

ラボタイプを選択してください:

今後のイベント、
ウェビナーとワークショップ

これから起きる出来事

The A to Z of Phenotype: Both Rh and Extended Phenotyping and the Impact on Blood Transfusion

いつ

7月 15th 2022

どこ

Virtual

これから起きる出来事

BBTS Webinar – Haemoglobinopathies

いつ

7月 19th 2022

どこ

Virtual

これから起きる出来事

Transfusion Education Day

いつ

8月 9th 2022

どこ

ラナ
ニュースとブログ

ゲルカラム用手法からEchoLumena®への導入

メリーランド大学キャピタルリージョンヘルスメディカルセンター(旧プリンスジョージ […]
ニュースとブログ

自動C3dDATアッセイが利用可能になりました!

EchoLumena®/Echo®(v2.0)およびNEOIris®/NEO®( […]
ニュースとブログ

完全に自動化された抗体価測定で限界を超える。

完全に自動化されたABOおよび非ABO滴定アッセイのリリースを発表できることを大 […]
ニュースとブログ

ImmuLINK®v2.0

数版前に、ImmuLINKv2.0のリリースを発表できることに興奮しました。 I […]
ニュースとブログ

米国の研究所のための米国血小板センターオブエクセレンスプログラム

Immucorの血小板ポートフォリオ、Capture-P®、 PakPlus® […]

私たちを体験してくださいバーチャルラボ

限界を超えて見る

  • Transfuse
  • Transplant
  • Transforma Life
イミュコール

Palazzo Siena 5F, 2-4-6 Higashi-Shimbashi, Minato-ku Tokyo 105-0021

電話 0120-16-4521

Eメール [email protected]