従業員スポットライト:Sandy Drake

Q:Immucorに参加する前は何をしていましたか?
A:Immucorに入社する前は、実際に病院の研究室(25床)で高校の実地研修生として働いていました。 私はアイオワ大学の医療技術プログラムを卒業し、米国アリゾナ州の晴れたフェニックスに引っ越すまで、1200床の医療センターで2年間雇用されました。 フェニックスでは、レベル1の外傷センターで夜勤のジェネラリストとして1年間働き、その後フルタイムで彼らの
さらに2年間の血液銀行。

Q.なぜ、いつImmucorに参加しましたか?
A:私は医療技術者として2つの仕事をしていました。1つはフルタイムで、もう1つはパートタイムでした。 私はImmucorに入社するために賃金を下げましたが、企業の一員になるという考えに興味をそそられました。 当時、ほとんどの企業はセールスマンを雇い、血液銀行のテクノロジーに精通するようにトレーニングしていました。 Immucorは、医療技術者を雇用し、成功する営業担当者になるように訓練した数少ない企業の1つでした。 Immucorは、1988年に私を雇ったとき、6年間の「スタートアップ」企業でした。 当時、6つの定評のあるベンダーがあり、Immucorはブロックの「新しい子供」でした。 私が始めたとき、私たちはコンピューターや携帯電話を持っていなかったので、その結果、記録管理のためにノートブックを備えた公衆電話で何時間も過ごしました(今では時代遅れに聞こえます)。 私は実際にはImmucorに応募しませんでしたが、血液銀行のマネージャーは、Immucorが私を雇うことを勧めました。これは、当時の一般的な慣習でした。 私は電話インタビューに招待され、その日遅くにケン・ケリー(私たちの会社を指名した)と会いました。 Immucorは小さく、現在の場所には1つの建物しかありませんでしたが、実際にその小ささに少し驚いていました。 みんなが複数の帽子をかぶっていたので、家族経営の会社のようでした。 代表者は約9名で、試薬/Capture®をインストールして販売しました
機器、訓練を受けた技術者、さらには教育セミナーも行いました。 月間売上高が$ 50,000ドル(通常は平均$ 20-30K)に達したとき、私たちは大きなお祝いをしました。 その後数年間、Immucorは進化を続け、業界のリーダーになりました。 1998年に、ABS2000を使用した輸血サービス用の最初の真にウォークアウェイの自動機器で血液銀行に革命をもたらしました。 私が
Immucorチームの一員になり、血液銀行の自動化は単なる夢でした…

Q:Immucorで働くことで好きなことは何ですか?

A:振り返ってみると、過去30年間で私たちがどれだけ遠くまで来たかを見ると、毎日私は刺激を受けます。 私たちの驚異的な成長にもかかわらず、Immucorは患者と従業員のケアを優先するという私たちの使命を守り続けてきました。 これは、今年のCOVID-19パンデミックの際に特に実証されました。 私たちは
チームとして働く;患者さんのニーズに合わせてお互いに気を配りながら、製品の製造と納品を確実に行います。 世界的な企業として、私たちは9/11やその他の苦難の時期と同じように、このパンデミックに耐えました。 私たちの決意と忍耐力は、私たちが進化し、業界を動かし続けることを可能にしました。 私がImmucorが何十年も体現しているのを目撃してきたこれらの資質は、Immucorで働くことを誇りに思っています。 私たちの会社は常に、患者のケア、従業員の幸福、そして逆境の時代を乗り越えた忍耐力に焦点を当てた革新的な会社です!

限界を超えて見る

  • Transfuse
  • Transplant
  • Transforma Life
イミュコール

Palazzo Siena 5F, 2-4-6 Higashi-Shimbashi, Minato-ku Tokyo 105-0021

電話 0120-16-4521

Eメール [email protected]