定期的な赤血球(RBC)検査の限界を超えて、複数回輸血された患者をサポートする

Immucorと大学のLCastilho博士が共同で書いた記事
Campinas / Hemocentro、Campinas、ブラジル

世界中で輸血を必要とする患者を治療するために毎年1億1850万の献血が集められています。 一般集団では、赤血球抗原に対する同種免疫の割合は約1%です。1 しかし、鎌状赤血球症やサラセミア患者のように複数回輸血を受ける集団の同種免疫率は50%にも達します。1 免疫血液学の専門家による世界的な研究では、慢性的に輸血された患者の同種免疫を制限するために、拡張赤血球(RBC)抗原マッチングが推奨されることが示されています。 これは、2017年のAABB要約で、Castilho etal2博士によって「分子マッチングの臨床転帰」と題されて公開されました。
鎌状赤血球症(SCD)とサラセミアの輸血依存患者」。 彼らは、分子マッチングがSCDとサラセミアの患者に臨床的利益を示し、CEKマッチングと同種免疫の割合を5-10%に大幅に減らすことに貢献していると述べています。<拡張マッチングで1%。

ヘモグロビン(Hb)レベルの増加とSCD患者のHbSの割合の減少、in vivo RBC生存率の向上、輸血頻度の減少によって示されるように、患者の臨床転帰の改善も観察されています。 鎌状赤血球症の患者は、より拡張された抗原マッチングを可能にし、高い有病率の抗原を欠く患者を特定し、特に患者の自己抗体と同種抗体を区別するのに役立つため、分子タイピングから最も恩恵を受ける患者の1つです。
血清学によるD、C、およびE抗原のマッチングにもかかわらずRh抗体を作成する人。 また、より適切に適合した血液ユニットを使用すると、輸血の必要性を減らし、他の有害なリスクを減らすことができます
輸血関連急性肺障害や感染症への潜在的な曝露などの反応。

Immucorは、赤血球の同種免疫を防ぐだけでなく、慢性的に輸血された患者の同種免疫を管理するために、これらの複雑な患者を管理する際にラボをサポートするソリューションの幅広いポートフォリオを提供します。

RBC同種免疫の防止
ImmucorのPreciseType®*は、業界をリードする分子免疫血液検査であり、RBCの分子タイピングについてFDAによって承認された最初のinvitro診断検査です。 このテストでは、最も関連性の高い35個の赤血球抗原と11個の血液型からの3個の表現型変異体を同時に特定します。 これにより、臨床検査室での血液型ジェノタイピングの実装が可能になり、作業慣行が変わり、輸血の管理方法に革命が起こりました。

慢性的に輸血された患者が同種免疫されたら、これらの患者を管理し、さらなる抗体の発生と溶血性輸血反応を防ぐためにそれらを一致させることを試みることも同様に重要です。

RBC同種免疫の管理
ImmucorのCapture®テクノロジーは、RBC抗体のスクリーニングと同定においてクラス最高の感度を備えています。低力価のIgG特異的抗体を検出できるため、早期かつ特異的な抗体が可能になります。
複数回輸血された患者の同種抗体の検出。 当社の手動Panocell®-16および20パネル、ならびに当社の特殊製品は、複雑な抗体の精密検査を解決するための補足的で費用効果が高く効率的な方法を提供します。

RBCタイピングの場合、Immucorは、重要な患者集団の正確な血清学的タイピングを確実にするために、高品質のモノクローナル試薬の豊富なメニューを提供します。

そして最後に、Immucorは、患者に最も互換性のある一致を見つけるのに役立つツール、ImmuLINK®を提供します。 ImmuLINKは、一元化されたデータ管理ソリューションとして設計されたソフトウェアスイートであり、ラボがすべてのドナーと患者の血清学的および分子タイピングと抗体同定テストを統合できるようにします。 このソフトウェアは、ドナー抗原プロファイルを検索して、同種抗体を持つ患者と互換性のある一致を見つける機能を提供します。

血液疾患のある患者は、輸血検査室に独自の課題をもたらします。 免疫血液学の世界的な専門家として、Immucorは、同種免疫の防止、輸血を受けた患者の適合性テストの管理、および血液疾患管理のより複雑なワークフロー要件のサポートにおいて研究所をサポートする製品の完全なポートフォリオを提供します。

* BioArray HEAアッセイには、EUで販売されているCEマークが付いています。 お住まいの国の規制状況については、最寄りの販売代理店にお問い合わせください。

1 Fung、MK、etal。 アメリカ血液銀行協会。 (2017). テクニカルマニュアル第19版
2 Castilho、L。etal。 鎌状赤血球症(SCD)とサラセミアを伴う輸血依存患者における分子マッチングの臨床転帰。 AABBアブストラクト。 2017

 

限界を超えて見る

  • Transfuse
  • Transplant
  • Transforma Life
イミュコール

Palazzo Siena 5F, 2-4-6 Higashi-Shimbashi, Minato-ku Tokyo 105-0021

電話 0120-16-4521

Eメール [email protected]