ゲルカラム用手法からEchoLumena®への導入

メリーランド大学キャピタルリージョンヘルスメディカルセンター(旧プリンスジョージ病院)は、米国メリーランド州アッパーマールボロにあります。 非営利の急性期医療教育病院および地域紹介センターです。 当病院はレベルIIのメリーランド州で2番目に忙しい外傷センターであり、急性/外傷ケア、心臓、女性と乳児のケア、および小児科サービスを専門としています。 キャピタルリージョンヘルスメディカルセンターは、毎年4,000人近くの外傷患者を治療しています。 輸血サービスは、毎年11,000の血液型と抗体のスクリーニングを実施しています。 血液型とスクリーニングの約85%は、外傷および救急治療室からの緊急依頼であり、年間約8,000ユニットの血液製剤が輸血されています。

日中のシフト中に3人の輸血専任スタッフ、夕方と夜のシフト中に2人のスタッフが2つのIDMTSゲルステーションを使用したゲルカラム用手法で測定してる環境では、血液型とスクリーニングの緊急依頼を60分の所要時間で結果を返すことが難しいかった。 結果として、輸血用製剤の準備が遅れることを経験しました。 抗体同定検査のほとんどの症例は、作業負荷のために参照研究室に送られました。 検査室は、輸血の検査を自動化することを決定しました。

要件は、迅速なターンアラウンドタイム、幅広いなテストメニュー、小児および臍帯血サンプルを検査する機能、およびリモートネットワークによる強力なサポートとサービスを備えたユーザーフレンドリーな自動機でした。

スタッフの不足に対処し、作業負荷を管理するために、検査室はEcho Lumena®を選択しました。これは、タイプ&スクリーンのターンアラウンドタイムが早くで、市場最小の機器フットプリントのため冗長性を可能にしたためです。 Echo Lumenaの動的スケジューリングにより、緊急検査のターンアラウンドタイム(TAT)に影響しないで様々な検査を実施できました。 Capital Region Health Medical Centerは、タイプ&スクリーン、抗体同定パネル、パネル、D陰性確認試験、DAT、クロスマッチ、抗原タイピング、製剤確認検査、小児および新生児の検査等を含む95%の検査をECHO Lumenaを使って自動化できました。 さらに、ImmuLINK®は、すべてのImmucor機器に対して、単一のユーザーインターフェイスを備えたリモートレビュー機能と一元化されたデータ管理を提供しました。 ユニットは現在、通常のインターフェースと接続されていますが、施設がスタンドアローンのNEOIris®アナライザーの購入を計画しているため、ImmuLINKの実装を検討しています。 検証用のすべてのサンプルは、通常の輸血ワークフロー内で実施され、すべての不一致は、ゲルと試験管方を使用して比較および精査されました。 要約すると、Echo Lumenaを使用して自動化したことにより、所要時間の要件を満たすことができました。 タイプ&スクリーンの緊急依頼の95〜97%が60分以内に報告されました。 この施設では、ドナー抗原タイピングを幅広く使用していて、Capital Region Health Medical Centerの患者集団調査に基づいて、最も一般的な抗体である抗Eおよび抗Kの患者をサポートするために、常に10個のE-K- PRBCを在庫に確保しています。

以下とパートナーシップで書かれた記事

Svetlana Zmanovskaia、MS MT(ASCP)、CLS
システムマネージャー、輸血サービス
メリーランド大学プリンスジョージ病院センター、ローレル地域病院、およびボウイ医療センター、米国

限界を超えて見る

  • Transfuse
  • Transplant
  • Transforma Life
イミュコール

Palazzo Siena 5F, 2-4-6 Higashi-Shimbashi, Minato-ku Tokyo 105-0021

電話 0120-16-4521

Eメール [email protected]